【2024】札幌まつり(北海道神宮例祭)を紹介|中島公園にも屋台や露店が登場!

神社 / お寺

北海道神宮といえば北海道で最も有名な神社ですが、そんな北海道神宮の一年間で一番重要な祭祀が毎年6月に行われる例祭です。北海道神宮例祭は「札幌まつり」とも呼ばれ、神宮のみならず中島公園にも多くの屋台が並び、札幌の街中が一気にお祭りモードになります。今回はそんな札幌まつりについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

札幌まつりについて

札幌まつり(北海道神宮例祭)は年によって開催日が変わることはなく、毎年6月14日~16日の3日間に行われます。札幌まつりでは、北海道神宮で各種奉納行事が行われるほか、神宮内や中島公園には多くの屋台が並び、16日には御神輿が街中を巡ります。今年2024年も同様に6月14日~16日の3日間で行われます。

~2024年開催概要~
6月14日 宵宮祭 18:00~
6月15日 例祭 10:00~
6月16日 神輿渡御 9:00~

奉納行事

北海道神宮内では、6月14日と15日に神前舞台や土俵舞台において様々な奉納行事が行われます。
今年2024年のスケジュールがこちら。

14日(金)
宵宮祭
18:00-本殿
古典フラダンス・カヒコ11:00-12:00土俵舞台クハイハーラウ・オ・カレイイリマオカラニ・パー・オーラパ・カヒコ
ひょっとこ踊り11:40-12:10神前舞台北海道伝承芸能ひょっとこ踊り保存奉納会 さとほろ流・ひょっとこ踊り
櫻川流江戸芸かっぽれ12:20-12:50神前舞台櫻川千代助社中
チンドン屋13:00-13:30土俵舞台創成ハーブ楽団
吟 詠13:00-14:30神前舞台北海道神宮奉賛吟詠講
朗読 「グルメな短編小説」14:00-14:30土俵舞台朗読ユニットふたりしずか
日本舞踊15:00-15:30土俵舞台日本舞踊あきの会
三条神楽15:00-16:00神前舞台北海道神宮舞楽会
和太鼓演奏16:00-16:30土俵舞台和太鼓タヲ北海道
都山流尺八献笛16:10-16:40神前舞台都山流札幌幹部会
浦安の舞16:40-16:55神門内向拝下立正佼成会札幌教会 北都乙女座
村場流八丈太鼓と獅子舞17:00-17:40土俵舞台新芸能集団「乱拍子」
ヨサコイ・ソーラン19:10-19:25神 門 下平岸天神ソーラン踊り保存会
太鼓演奏ほか19:25-20:25神前舞台新川皇大神社北響太鼓
ジャズコンサート19:30-20:00土俵舞台札幌ジュニアジャズスクール(Club SJF)
ジャズコンサート20:00-21:00土俵舞台グルーヴィン・ハード・ジャズ・オーケストラ
15日(土)
例祭
10:00-本殿
古式大的式11:00-12:00弓 場札幌弓道連盟
ヒーロー和芸ショー11:30-12:30土俵舞台道産子ヒーロー「舞神ソーランドラゴン」
能 楽12:00-13:30神前舞台札幌能楽会
空手演武13:00-14:00土俵舞台NPO法人日本空手道振興会 強健流空手道
古武道演武13:40-15:20神前舞台北海道古武道協会
ハープ演奏14:30-15:00土俵舞台ラマンブルーハープアンサンブル
三条神楽15:30-16:30神前舞台北海道神宮舞楽会
神宮の森コンサート17:00-17:30土俵舞台宮の森小学校スクールバンド
雅 楽17:00-18:00神前舞台北海道神宮職員 他
福井ばやし18:00-18:30神門内向拝下札幌福井ばやし保存会
フォークうたごえまつり18:00-20:00土俵舞台三角山放送局
人形浄瑠璃18:30-19:00神前舞台さっぽろ人形浄瑠璃あしり座
チェンバロ演奏19:15-20:00神前舞台明楽みゆき

札幌まつりの期間中は北海道神宮の駐車場も大変混雑するので、可能な方は公共交通機関で行くのがおすすめです。

屋台について

札幌まつりの期間中は、北海道神宮に屋台が並ぶほか、中島公園にも多くの屋台やお化け屋敷まで登場します。中島公園には毎年500を超える屋台が集まり、多くの人で賑わいます。年によっては混雑を避けるため入場が地下鉄中島公園側のみになり、一方通行という形になることもありましたが、昨年2023年は中島公園駅と幌平橋駅の両側から入場できました。また、混雑を避けるため、出店場所を公園内で2ルートに分散させる形がとられました。

【出店期間】2024年6月14日~16日
【場所】中島公園
【営業時間】10:00~21:00

2022年は3年ぶりの開催になったこともあり、中島公園の会場は大混雑になりました。入場を待つ人も大行列になり、札幌市が来場を控えるよう呼びかける異例の事態になりました。

筆者も行きましたが、人が多くて屋台の食べ物を買うのにも行列に並んでかなり時間がかかる状態でした。入口近くの屋台は特に混雑していましたが、奥の出口付近の屋台は比較的行列が少なくなっていたので、入ってすぐに屋台に並ぶのではなく、奥まで進んでから屋台で食べ物を買うのがおすすめです。時間帯だと夕方にかけて特に混雑して歩くのも大変な状態になるので、可能な方は昼間に行きましょう。
ベンチなどはあまり空いてないので、コンパクトなレジャーシートがあると芝生などに座って屋台グルメが食べられるので便利ですよ。

神輿渡御について

札幌まつり最終日の6月16日には、神輿渡御が行われ、1,000人以上の市民が平安時代の衣装で4基の神輿と8基の山車とともに街中を練り歩きます。渡御は明治11年から続くもので、北海道神宮の御祭神である4柱「大国魂神」「大那牟遅神」「少彦名神」「明治天皇」が鎮まり札幌市内をご巡幸します。例年、北海道神宮から頓宮まで往復するのが基本のルートとなっています。

【神輿渡御】2024年6月16日(日)9:00~16:50

最後に

以上、今回は札幌の一大祭りである「札幌まつり(北海道神宮例祭)」について紹介しました。6月の風物詩である札幌まつり、美味しい屋台や様々な奉納行事や御神輿など、いろんな楽しみ方ができるので、お祭りで初夏の札幌を満喫しましょう。

あわせて読みたいおすすめ記事

【NEWS】
・札幌市で1人あたり最大5,000円お得な札幌プレミアム商品券の第2弾が2024年に発行されることになりました(詳細記事はこちら)!
・北海道の子育て世帯にお米や牛乳に使える商品券などがもらえる「お米・牛乳子育て応援事業」第2弾が2024年に開始されます(詳細記事はこちら)!

※当ブログで掲載している画像の無断転載は禁止します。

神社 / お寺
まかもんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました