【2024/札幌】第33回よさこいソーラン祭り|チケットの種類や注目のチームは?

お出かけスポット

札幌の初夏の一大イベントが「YOSAKOIソーラン祭り」です。最近はコロナの影響で中止になっていましたが、昨年2022年に満を持して再開し、今年2024年の開催も決定しました。今回はそんな第33回YOSAKOIソーラン祭りについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

YOSAKOIソーラン祭りとは

YOSAKOIソーラン祭りは、1992年に始まったイベントで、当初は参加10チーム、観客動員数は20万人程度でしたが、回を重ねるごとに規模や人気は高まっていき、今では約270チームが参加し、観客は国内外から200万人も集まる札幌の一大イベントになりました。YOSAKOIソーラン祭りは、高知県の「よさこい祭り」をもとに、よさこいの鳴子と北海道の民謡「ソーラン節」を合わせて誕生しました。基本ルールは①手に鳴子を持って踊ること、②曲にソーラン節のフレーズを入れること、という2つだけで、踊りや曲、衣装は自由になっています。
過去の歴史や歴代受賞チームはこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

2024年第33回の概要

2024年に第33回の開催を迎えるYOSAKOIソーラン祭りの開催概要はこちらです。

【開催日程】2024年6月5日(水)~9日(日)
【主な会場】大通公園 ほか市内各所
【公式】公式サイト

開催期間中は札幌市内各所に様々な会場が設けられますが、メインの会場は大通公園になります。大通公園ではパレード形式の演舞と、ステージ上での演舞が楽しめます。

大通会場マップ(2023年)

今年はまだ発表がありませんが、例年、大通には全国各地のグルメを楽しむことができる屋台が集まった「北のふーどパーク」も登場します。

各会場のスケジュール

詳細は未定ですが、現時点で決まっている主なスケジュールはこちらです。

 6/5(水)6/6(木)6/7(金)6/8(土)6/9(日)
パレード会場(南)10:00~18:30 パレード演舞19:00~20:40 サタデーナイトパレード10:00~16:30 パレード演舞17:30~18:40 カーニバルパレード
パレード会場(北)10:00~18:30 パレード演舞19:00~20:40 サタデーナイトパレード10:00~16:30 パレード演舞17:30~18:40 ファイナルパレード
ステージ会場(大通公園西8丁目会場)18:00~21:30 各チーム演舞18:00~21:30 各チーム演舞18:00~21:30 ソーランナイト10:00~21:30 ステージ演舞10:00~14:40 ステージ演舞15:00~21:00 ファイナルステージ

観覧について

札幌市内の各所に会場があり、会場によっては自由に観覧ができますが、メイン会場である大通では、アリーナ席を除き観覧には有料のチケットが必要になります。

【販売開始】4月21日10:00~
【購入方法】
・ローソンチケット
・チケットぴあ
・セブンチケット
公式サイトをご確認ください。)
・当日券の販売あり
【チケットの種類】
・桟敷席(パレード会場)
・アリーナ席(ステージ会場 ※7日と9日のみ有料)
・特別観覧席(ステージ会場)

2023年会場マップ

大通会場には当日券を販売する売り場があり、通常のパレードやステージ演舞であれば、当日券も購入できることが多いですが、ファイナルパレードやファイナルステージなど、人気の高いチケットについては売り切れていることが多いので、絶対に見たい方は事前に購入しておくのがおすすめです。

桟敷席(パレード会場)

桟敷席はパレードを見るために設けられた席です。大通で行われるパレードを間近で観覧できるよう、道路の両側に3段の階段状の観客席が設けられます。料金は基本1,000円ですが、サタデーナイトやファイナルパレードなどの特別企画のパレードを観覧する場合は2,000~3,000円になります。

【桟敷席料金】
・通常のパレード 1,000円
・カーニバルパレード 1,000円
・サタデーナイトパレード 2,000円
・ファイナルパレード 3,000円

大通のパレード会場は南と北に分かれており、それぞれ演舞するチームが異なるので、南北どちらにするかや何時のパレードにするかは、演舞するチームを見て決めましょう。
チケットを購入する際には南北のコースそれぞれで、西5~7丁目のどのエリアにするかを選択できますが、各チームはそれぞれのエリアで西側から順番に同じ演舞をするので、特に好みがなければどこのエリアでも大丈夫です。エリア内であれば席は自由になっています。

2023年会場マップ

アリーナ席(ステージ会場)

アリーナ席は西8丁目のステージ会場で、大迫力の演舞を間近で見られる席です。通常のステージ演舞に関しては無料で開放されていますが、7日のソーランナイトと9日のファイナルステージの観覧は有料になります。パイプ椅子が設置されており、チケットは全席指定になります。

【アリーナ席料金】
・ソーランナイト前半 1,000円
・ソーランナイト後半 2,000円
・ファイナルステージ1部 2,000円
・ファイナルステージ2部 3,000円

特別観覧席(ステージ会場)

特別観覧席は、ステージ会場の後方に設けられた階段状の観客席で、ステージでの演舞全体を俯瞰的に見ることができます。値段的には他のチケットに比べて高い設定になっており、基本的には全席指定ですが、土日はファイナルステージを除き自由席になります。

【アリーナ席料金】
・通常のステージ演舞 1,000円
・ソーランナイト前半 3,000円
・ソーランナイト後半 4,000円
・ファイナルステージ1部 3,000円
・ファイナルステージ2部 6,000円

注意事項

雨天決行で、雨の場合でもチケットの払い戻しはできません。また、雨でも傘をさしての観覧はできないので、レインコートなどの準備が必要になります。日差しが強い場合も日傘は使用できないので、帽子や日焼け止めを用意しましょう。

【禁止事項】
・傘をさしての観覧
・三脚の使用
・全席禁煙

注目のチーム

「せっかくなら良い演舞をするチームが出場する時間帯や場所のチケットを取りたいけど、どのチームがいいのかわからない」という方のために、出場チームのなかで特に注目のチームを紹介したいと思います。
ここでは紹介しきれない他の注目チームはこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

REDA舞神楽

「REDA舞神楽」は昨年度の大賞を受賞したチームです。道外の千葉県船橋市を拠点に活動しており、中学生から70代まで幅広いメンバーが集まっています。平均年齢は40歳と他のチームに比べて年齢層の高いチームです。ステージ全体を使った躍動感のある動き、ストーリー性を感じる独特な振り付け、力強い演舞が魅力となっています。今年は2年連続の大賞をかけた大会になります。

北昴

札幌市に拠点を置く北昴は、2022年に大賞を受賞したチームです。まだチームを結成して8年、出場回数は6回と歴史の若いチームなのにも関わらず、これまでも2015年には新人賞、2016年からは4年連続ファイナルステージに出場し、優秀賞を獲得してきました。

北海道大学”縁”

北海道大学の「縁」は1998年に創立されたチームで、「周りを巻き込み、ゴキゲンな流れをつくる」をコンセプトに活動しています。YOSAKOIソーラン祭りへは過去22回参加していて、ファイナルステージ出場の常連チームになっています。特徴は何といっても若さ溢れる演舞で、ふんどし姿で踊る姿も名物になっています。

新琴似天舞龍神

新琴似天舞龍神は札幌市北区の新琴似を拠点活動するチームで、1995年に地域の活性化などをコンセプトとして発足しました。YOSAKOIソーラン祭りのファイナルステージの常連チームで、2004年から2007年には4年連続の大賞を獲得しています。衣装や動きが洗練されていて、とてもかっこいい演舞が特徴です。

平岸天神

札幌市豊平区の平岸天神は、YOSAKOIソーラン祭りの第2回から29回も参加しているチームです。もとは「平岸天神太鼓」として活動をしていたメンバーが、1993年に踊りのチームを結成したのが始まりのチームです。YOSAKOIソーラン祭りの参加チームの中では、大賞10回・準大賞11回を獲得している最多受賞チームです。カラフルな衣装で舞台上を波のように大胆にうねる姿は圧巻です。

アクセスや駐車場

お祭り期間中は、大通公園会場のパレードがあるので、交通規制も実施されます。また、周囲の駐車場は満車になることも多いので、基本的には公共交通機関で行くのがおすすめです。

地下鉄で行く場合

地下鉄で行く場合、パレード会場への最寄り駅は「大通駅」になります。大通駅に向かう地下鉄は「東豊線」「南北線」「東西線」の3路線があり、ホームの位置も少し異なりますが、地下歩行空間でつながっているので、どの路線でも問題ありません。地下鉄からの出入り口は1~3番を利用すると会場のすぐ近くに出ることができます。
ステージ会場への最寄り駅は東西線「西11丁目駅」になります。

2023年会場マップ

車で行く場合

車で行く場合、交通規制も行われているので、事前に公式サイトなどで確認してから行くようにしましょう。近くの駐車場は満車になってしまうことが多いですが、大通会場近くで比較的台数が停められる駐車場としては「ジャンボ1000」や「ビックシャイン88」があるので、まずはそちら見てみる良いかもしれません。

■ジャンボ1000
【駐車料金】
・1時間 300円
・1日券 900円
【駐車台数】1,000台

■ビッグシャイン北1条駐車場
【駐車料金】

・20分 130円
・1日最大 1,000円
【駐車台数】600台

■ビッグシャイン北4条駐車場
【駐車料金】

・20分 140円
・1日最大 1,800円
【駐車台数】600台

最後に

以上、今回は札幌の初夏の一大イベント「YOSAKOIソーラン祭り」について紹介しました。札幌の街中が一気にお祭りモードになり、とても熱く盛り上がるイベントなので、ぜひ見に出かけてみてくださいね。

【NEWS】
・札幌市で1人あたり最大5,000円お得な札幌プレミアム商品券の第2弾が2024年に発行されることになりました(詳細記事はこちら)!
・北海道の子育て世帯にお米や牛乳に使える商品券などがもらえる「お米・牛乳子育て応援事業」第2弾が2024年に開始されます(詳細記事はこちら)!

※当ブログで掲載している画像の無断転載は禁止します。

お出かけスポット
まかもんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました