【2024】北海道神宮の初詣|駐車場や参拝時間・交通規制・混雑状況について

神社 / お寺

北海道随一のパワースポットである札幌の北海道神宮、1年の始まりに今年が良い年になるように初詣に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。毎年多くの初詣客が訪れる北海道神宮では、お正月に交通規制なども行われるので、初詣に訪れる際には事前に情報をチェックしましょう。今回は北海道神宮の初詣情報についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

参拝時間

北海道神宮は常に開門しているわけではなく、初詣ができる時間は決まっているので注意が必要です。今年2024年の年末年始の開門時間がこちらです。

参拝時間(予定)
12月31日7:00~18:00
1月1日0:00~19:00
1月2日6:00~18:00
1月3日6:00~18:00
1月4日6:00~16:00
1月5日6:00~16:00
1月6日6:00~16:00
1月7日6:00~16:00
1月8日~通常通り

大みそかは午後6時に閉門し、元旦の0時に開門します。その後7日までは年始の特別な開門時間になるので気を付けましょう。

混雑状況

お正月の北海道神宮は初詣に訪れる方でとても混雑します。三が日は特に混雑するため、北海道神宮も三が日にこだわらず、1月中の参拝を呼び掛けています。訪れた人の情報をもとにお正月の混雑予想を表にしてみました。

0:00~3:003:00~6:006:00~7:007:00~15:0015:00~16:0016:00~17:0017:00~18:0018:00~19:00
1月1日(火)×××××
1月2日(水)×××
1月3日(木)×××
1月4日(金)
1月5日(土)×
1月6日(日)×
1月7日(月)
×:非常に混雑 △:混雑 〇:やや空き ◎:空き -:閉門中

北海道神宮では、元旦の0時に開門するため、その時間に合わせて参拝する方が列をつくり、開門直後は大変混雑します。寒い中での待ち時間も長くなるので、そのタイミングで訪れる方は防寒対策をしっかりしましょう。その後も三が日は初詣に訪れる方で神宮内はとても混雑しますが、開門直後や閉門直前のタイミングは若干人も少なくなるので、混雑を避けたい方はその時間帯での参拝をおすすめします。三が日後の平日は参拝に訪れる方もやや少なくなりますが、週末はまた初詣に訪れる方で混雑します。

交通規制など

12月31日から1月1日にかけては北海道神宮周辺で交通規制も実施されます。

【交通規制】12月31日23:00頃~1月1日18:00頃

交通機関

例年は特別ダイヤで運行していた地下鉄も今年は土日祝ダイヤに変更になるのでご注意ください。

【地下鉄】12月29日(金)から1月3日(水)までは土日祝ダイヤで運行
【バス】円山公園駅から神宮前までは午前9時22分から午後4時52分まで運行(円山バスターミナル4番乗り場)
【タクシー】12月31日(日)~1月 8日(月) 神宮北一条駐車場臨時乗降場

駐車場

駐車場もお正月特別料金が設定されます。また、駐車場に入るまでは車で初詣に訪れる方で長い車列が発生するので、待ち時間を覚悟しましょう。

【お正月駐車料金】2時間まで500円(以降1時間ごとに500円 / 御祈祷を受ける場合2時間無料)
【期間】12月31日18:00~1月7日18:00

屋台

例年、初詣の時期には屋台も多数登場します。4日以降は屋台の数も減りますが、毎年、元旦から2週間程度は屋台が出店されています。また、北海道神宮の境内には甘味処も2カ所あり、半官さまなど名物のお菓子もあるので、参拝の際にはぜひ食べていきたいところです。

その他

その他にも初詣の期間は通常とは異なる点がいくつかあります。

・手水舎は1月1日~8日まで閉鎖
・御朱印は12月26日~1月31日までは書置き

【NEWS】
・札幌市で1人あたり最大5,000円お得な札幌プレミアム商品券の第2弾が2024年に発行されることになりました(詳細記事はこちら)!
・北海道の子育て世帯にお米や牛乳に使える商品券などがもらえる「お米・牛乳子育て応援事業」第2弾が2024年に開始されます(詳細記事はこちら)!
・札幌市で省エネ家電の購入に最大5万円分のポイントがもらえる「札幌市省エネ家電等転換キャンペーン」が実施中です(詳細記事はこちら)!

※当ブログで掲載している画像の無断転載は禁止します。

神社 / お寺
まかもんをフォローする
Kitaiko
タイトルとURLをコピーしました