北海道のご飯のお供おすすめランキング|お取り寄せやお土産の人気おかずTOP15

お土産

北海道と言えば海の幸や山の幸、農畜産物など食の魅力がいっぱいの日本有数のグルメスポットです。そんな北海道にはご飯のお供にぴったりな美味しい商品がたくさんあります。北海道旅行のお土産やお取り寄せで、ご飯に合う北海道グルメを探している方も多いのではないでしょうか。今回は火を使わずにすぐ食べられるご飯のお供に最適な北海道の美味しい商品をランキング形式で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おすすめランキング

No.1 鮭ルイベ漬【佐藤水産】

おすすめNo.1商品は北海道の大手水産加工会社・佐藤水産の代名詞になっている「鮭ルイベ漬」です。北海道産の天然鮭といくらを使って、鮭から作った「鮭しょう油」入りのたれに付け込んだ商品で、凝縮された鮭の旨味といくらの弾ける食感がたまらない商品になっています。鮭専門店の職人技で鮭の美味しさを極限まで引き出した大人気の一品です。

No.2 鮭キムチ【くにを】

北海道の由仁町にある「くにを」の鮭キムチはテレビでも数多く紹介されている人気商品で、脂ののったサーモンと旨みあふれるキムチがマッチしてとても美味しい一品に仕上がっています。北海道産の野菜を使ったキムチは辛さ控えめで鮭の甘味や旨みを引き出し、おつまみにもなるし、ご飯のお供にもぴったりです。

No.3 いくら醤油漬【佐藤水産】

佐藤水産の北海道産天然鮭のいくら醤油漬けは、いくらの皮が固くなる前の生筋子から作っているため、口の中に皮が残らず口あたりのとてもいいイクラになっています。日本海に面した石狩の工場で、水揚げしてすぐの新鮮な鮭を使って生イクラに加工しています。ぷちぷちした食感が最高の本当に美味しいいくらです。

No.4 さんまひのつまぶし【近海食品】

釧路で大人気の商品が「さんまのひつまぶし」です。道東でとれたさんまを炭火でふっくら焼き上げています。ごはんにまぶして、付いているタレをかけるだけで簡単に美味しいひつまぶしが食べられます。薬味や海苔を加えてだし汁やお茶等をかけてもとても美味しくいただけます。最近はさんまの不漁で生産も少なくなってるので、見つけたら即買いの一品です。

No.5 鮭荒ほぐし【佐藤水産】

佐藤水産の鮭荒ほぐしは、他の細かい鮭フレークとは違い、鮭の身を手作業でざっくりと荒くほぐした商品です。旨味を閉じ込めるように焼き上げてあり、脂乗りも良く、塩加減もちょうどいい優しい味付けになっています。

No.6 牛とろフレーク【十勝スロウフード】

凍ったままのお肉をあつあつのご飯にかけて食べるという新感覚のご飯のお供が十勝スロウフードの「牛とろフレーク」です。雄大な十勝で放牧され育った牛のお肉を使い、衛生管理を徹底した上で非加熱食肉製品にしています。東京で行われた全国ご当地どんぶり選手権でもグランプリを受賞しています。すぐに溶けてしまうのでお土産には向きませんが、お取り寄せでいただきたい絶品のご飯のお供です。

No.7 やみつきシリーズ

南極料理人として有名な西村淳さんが監修した「やみつき」シリーズは、テレビでも紹介され注文が殺到している大人気商品です。シャケ、タラ、タコ、ニシンの4種類があり、北海道で獲れた海産物をにんにくと唐辛子等で風味付けされた特製なたね油に漬け込んだ商品になっています。ご飯にもぴったりですし、パスタやサラダ、パン、ピザ、チャーハンなどと合わせても美味しい一品です。

No.8 社長のいか塩辛【布目】

函館の「社長のいか塩辛」は生鮮珍味を作っているメーカーが、当時の社長が日頃お世話になっているお得意様に、手土産として配っていた塩辛があまりにも好評なため、商品化した一品です。国産のスルメイカに沖縄の塩を加えて、保存料や着色料を一切使わずに作っています。素材の旨味を引き出したとても美味しいに塩辛になっており、ごはんのお供やおつまみにもぴったりな商品です。

No.9 たらこ【広洋水産】

広洋水産のたらこは、ベーリング海やオホーツク海で獲れたスケソウダラの卵を使って、丁度いい塩味の上品な味に仕上げています。その美味しさにハマったリピート買いも多い一品です。

No.10 行者ニンニク醤油漬け

北海道で古くから親しまれてきた山菜の代表「行者ニンニク」は「アイヌネギ」とも呼ばれ、生のニンニクよりも強いという強烈な香りがクセになる山菜です。北海道では天ぷらやジンギスカンに入れたり、保存食として醤油漬けにして食べたりします。瓶詰めとして販売もされており、箸が止まらなくなる美味しいご飯のお供です。

No.11 山わさび醤油漬け

北海道が主な産地となっている「山わさび」は道民の食卓には昔から並んできた食材です。一般的なわさびが清流で育てられるのに対して、山わさびはその名前の通り山で栽培されています。特徴はなんといってもツーンとくる辛さで、普通のわさびの1.5倍の辛さがあると言われています。ステーキなどのお肉料理との相性もいいですが、北海道では醤油漬けにしてご飯のお供にしたり、おにぎりの具材として食べられています。瓶詰としても販売されているので、まだ食べたことが無い方はツーンとくるクセになる辛さを是非一度試してみてください。

No.12 雪もみじ【玉翠園】

札幌の老舗お茶専門店・玉翠園がつくっているオリジナルの北海道産エゾシカのほうじ茶佃煮が「雪もみじ」です。玉翠園で焙煎した炒りたてのほうじ茶で炊き上げてあるので、気になるエゾシカ肉の臭みも全くありません。「エゾシカってこんなに美味しかったのか」と、初めて食べる方も感動する一品になっています。
ちなみに、玉翠園はお茶を使った絶品のソフトクリームがいただけるお店としても有名です。

No.13 鮭バターフレーク【佐藤水産】

北海道内で様々なメーカーから販売されている鮭フレークですが、佐藤水産の「鮭バターフレーク」は名前の通り北海道産天然鮭のフレークにバターを加えてつくっている商品です。細かくほぐした鮭がバターでマイルドな味わいになり、クセになる人も多い一品です。

No.14 帆立の醤油煮【佐藤水産】

佐藤水産の帆立の醤油煮は、北海道産の耳付きホタテを焼いてから、しょう油ダレでじっくりと煮込んだ一品です。ホタテの旨味と醤油の香ばしさが合わさり、ご飯がどんどん進むお供になっています。

No.15 北海道牛しぐれ【北海大和】

北海道牛の柔らかいお肉を生姜を効かせて甘じょっぱく煮込んだ「牛しぐれ」は熱々のご飯の上にのせて食べても美味しいですし、おにぎりの具にしても最高です。

【NEWS】
・札幌市で1人あたり最大5,000円お得な札幌プレミアム商品券の第2弾が2024年に発行されることになりました(詳細記事はこちら)!
・北海道の子育て世帯にお米や牛乳に使える商品券などがもらえる「お米・牛乳子育て応援事業」第2弾が2024年に開始されます(詳細記事はこちら)!
・札幌市で省エネ家電の購入に最大5万円分のポイントがもらえる「札幌市省エネ家電等転換キャンペーン」が実施中です(詳細記事はこちら)!

※当ブログで掲載している画像の無断転載は禁止します。

お土産
まかもんをフォローする
Kitaiko
タイトルとURLをコピーしました