【2023/札幌】さっぽろオータムフェストの開催決定|日程や大通公園各会場を紹介!

お出かけスポット

毎年、札幌に秋を告げる食の一大イベント「さっぽろオータムフェスト」が今年2023年も開催決定となりました。今回はそんなさっぽろオータムフェスト2023について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

さっぽろオータムフェストとは

さっぽろオータムフェストは、2008年に初めて開催されたイベントで、大通公園を会場に「北海道・札幌の食」をメインテーマに、道内各地のご当地グルメが集結します。会場となる大通公園では、丁目によって様々なコンセプトが設定され、ラーメンやお肉、お酒など、北海道の美味しいグルメを楽しむことができます。

2023年の開催概要

2023年の開催概要がこちらです。今年は9月8日から30日の23日間の開催になります。

【開催日程】2023年9月8日(金)~30日(土)
【時間】10:00~20:30(20:00 L.O.)
【会場】
大通公園西4丁目~8丁目、10~11丁目
特別会場:創成川公園狸二条広場(予定)

各丁目のコンセプトについて

大通公園の会場では、丁目ごとにコンセプトが決められています。

4丁目会場『IN4(インフォ)スクエア~オータムフェストの魅力大集合~』

4丁目の会場はエントランス会場として、オータムフェストや札幌、北海道の魅力などを紹介する情報発信の会場になります。

5丁目会場『北海道 BAKU BAKU PARK(バクバクパーク)』

5丁目の会場は「道産小麦の美味しい食べ方」をコンセプトにした「北海道 BAKU BAKU PARK」になります。道内のラーメンやパンなどの小麦を使ったグルメや、こだわりのスパイスカレーを楽しむことができます。

6丁目会場『食と音楽 奏かなデリシャス!』

6丁目は「食と音楽」をコンセプトにした会場になり、大通公園のステージでの音楽演奏とともに北海道の食材を使ったグルメを楽しめる、落ち着いた心地よい空間になります。

7丁目会場『大通公園7丁目BAR』

7丁目には「北海道産のお酒と酒肴」をコンセプトにした、大人向けの会場が登場します。道内の酒蔵の日本酒や、ワインをゆっくり味わうことができます。お酒によく合う道産食材を使ったおつまみも楽しむことができます。

8丁目会場『さっぽろ大通 ほっかいどう市場』

8丁目では「ほっかいどう市場」をテーマに、道内各地の市町村の特産物を販売する店舗が並びます。期間中に出店する市町村も入れ替わる予定なので、道内のさまざまな地域の特産品のお買い物が楽しめます。

10丁目会場『産地とあなたをつなぐ お肉じゅっ丁目』

10丁目は北海道産の野菜やお肉を楽しめる会場となります。会場内にはファーマーズマーケットや野菜やお肉を使ったメニューをいただけるお店が登場します。

11丁目会場『PRECIOUS TABLE(プレシャステーブル)』

11丁目は、落ち着いた上質な空間で北海道のグルメを楽しめる会場になります。フレンチやイタリアンのシェフによる一流の食材を使った料理がいただける「さっぽろシェフズキッチン」が登場するほか、札幌の姉妹都市であるドイツ・ミュンヘンのビール祭り「オクトーバーフェスト」にちなんだドイツビールや郷土料理も登場します。

最後に

以上、今回は9月に大通公園で開催される「さっぽろオータムフェスト」について紹介しました。今年はパーテンションなどは設置せず、手指の消毒など基本的な感染対策のみでの開催になるので、久々に開放的な屋外で友達や家族と一緒に北海道のグルメを満喫できそうですね。

【NEWS】
・札幌市で1人あたり最大5,000円お得な札幌プレミアム商品券の第2弾が2024年に発行されることになりました(詳細記事はこちら)!
・北海道の子育て世帯にお米や牛乳に使える商品券などがもらえる「お米・牛乳子育て応援事業」第2弾が2024年に開始されます(詳細記事はこちら)!

※当ブログで掲載している画像の無断転載は禁止します。

お出かけスポット
まかもんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました