雨や雪に強い防水ビジネスリュックおすすめランキング|スーツに合う軽量の最強通勤リュックはどれ?

北の暮らし / 移住

手持ちのカバンと違い、両手が自由になることで人気のビジネスリュック。荷物が多いときでも背負ってしまえば楽に移動でき、両手が自由なので自転車やバイクでの通勤にもぴったりです。しかし、雨の日の通勤時などは、傘からはみ出て濡れてしまったりすることも多いので、中の荷物が大丈夫か不安になってしまいます。特に北海道などの冬の通勤は、基本的に傘をささないため、常にリュックが雪にさらされてしまうので、ビジネスリュックを選ぶ際には防水性に優れた商品を選ぶ必要が出てきます。そこで今回は、おすすめの防水リュックをランキング形式で紹介するので、リュック選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

リュックの選び方

防水ビジネスリュックを選ぶ際にはいくつかポイントがあります。

デザイン

ビジネスリュックを選ぶ際にはビジネスシーンにも合うデザインのものを選ぶ必要があります。普段スーツで通勤している方は、スーツにも合うシンプルなデザインで、カラーもブラックやグレー、ネイビーなどの落ち着いたものを選ぶことが大切です。客先などへの訪問時の印象も考え、ブランドのロゴが大胆に装飾された派手なものは避けた方が無難です。
リュックのフォルムは、開口が楕円形のものと直線で構成されたスクエアの2タイプに大きく分けられます。普段の仕事がスーツの方は、スーツとの相性抜群のスクエアタイプがおすすめですが、オフィススタイルがビジネスカジュアルのような方は楕円形リュックも候補になってくるので、自身のオフィススタイルに合わせてリュックの形も検討しましょう。

容量

ビジネスリュックを選ぶ際には、持ち物に合わせた容量のリュックを選ぶ必要があります。仕事道具は職場にすべて置いてあり、お弁当などしか普段持ち運ばない方は容量の少ないリュックでも大丈夫ですが、客先に大量の資料や書類を持って移動する方などはより大きな容量のリュックを選ぶ必要があります。また、泊りの出張にもリュックで行く方は大きな容量のリュックが候補になってきますが、必要以上に大きなリュックを選ぶと、カジュアルな印象が強くなってしまうため少し注意が必要です。
また、ビジネスシーンでは、書類やノート、筆記用具、名刺入れなど小物も多く持ち運ぶ必要があるため、リュックの中が散らからないよう、ポケットなどの収納スペースがあるかも確認しておきましょう。

容量目安
15L荷物が少ない方
20L一般的な荷物の方
25L荷物が多めの方 / 1泊の出張にも使う方
30L2泊以上の出張にも使う方

クッション性

仕事用のノートパソコンやタブレットを持ち運ぶ方は、クッション付きの専用スペースを備えたリュックがおすすめです。移動中の衝撃から精密機械であるPCなどを守ってくれます。クッションポケットのあるリュックを選ぶ際には、自身が普段持ち歩くノートパソコンが収まるサイズなのかも確認して選びましょう。

防水素材・撥水性能

防水性の高いリュックを選ぶためには素材にも注目する必要があります。防水性を気にしないのであれば、スーツにも合う革性のリュックも候補になってきますが、革製品は雨などには弱いので、防水性の高いリュックを選ぶ際にはおすすめできません。
防水性の高いリュックを選ぶ際にはアウトドアブランドのリュックがおすすめになってきます。カバンブランドの製品に比べて、アウトドアギアで培ったノウハウを活かして、防水性の高い高性能なリュックを揃えています。また、雨や雪による水分はファスナー部分からもリュック内部に侵入するので、防水リュックを選ぶ際にはファスナー部分の防水加工にも注目しましょう。

おすすめランキング

No.1 【MAMMUT】Seon Transporter

おすすめ第1位はマムートのセオントランスポーターです。マムートはスイスで1862年にロープメーカーとして誕生したブランドで、高性能なアウトドアギアやアパレルを次々と生み出しているメーカーです。そんなマムートのセオントランスポーターは「From Work(ワーク) to Climb(クライム)」をコンセプトにつくられたリュックで、アウトドアシーンにも対応できる機能を持ちながら、モバイルワークの際のパソコン持ち運びなどビジネスシーンにも使える万能リュックになっています。マムートが長年、登山用リュックの開発により培ってきたノウハウを活かして、体への負担が少ないように設計されたリュックで、生地にはアウトドアにも対応できる防水性の高い素材を使用しています。ノートパソコンやタブレットを収納できるスペースも備えており、しっかりとしたクッションで外部の衝撃から機器を守ってくれます。サイズは15L、25Lのほか、3Way対応の20Lから選ぶことができます。さりげないブランドロゴがアクセントになったシンプルなデザインなので、スーツスタイルにも相性抜群のリュックです。

No.2 【ARC’TERYX】Arro

がっちりとしたスーツスタイルではなく、オフィスカジュアルなスタイルの職場の方に最もおすすめなビジネスリュックがアークテリクスのアローです。使いやすく軽量な大人気の防水リュックで、アークテリクスを代表する傑作バックパックになっています。アークテリクスは極限に挑むアルピニストからも高い信頼を得ているカナダ発のアウトドアブランドで、その技術やノウハウを活かして誕生させたアローは、背負い心地が最高なのはもちろん、生地やファスナーの部分にもしっかりとした防水加工が施されているので、雨や雪の日でも安心して使用することができます。さりげないブランドロゴもかっこいいスマートなデザインで、普段のタウンユースにも併用できるおすすめリュックです。メンズに人気な22Lサイズのほかレディース用にも向いている16Lサイズも登場しています。

No.3【VICTRINOX】ワークス・プロフェッショナル

アウトドア好きな方はビクトリノックスというと、折りたたみナイフなどを格納するマルチツールを思い浮かべる方も多いと思いますが、ビクトリノックスはナイフ以外にもバックや時計など高品質なトラベルギアも展開しているスイス発のブランドです。ビクトリノックスのワークスプロフェッショナルはコーデュラを採用した防水性・耐久性に優れたバックパックで、洗練されたデザインから40代や50代の男性の方にも人気のアイテムです。ビクトリノックスの嬉しいところは、メーカーのアフター保証がしっかりしているところで、修理をしながら大事に一生使うことのできるビジネスリュックになっています。

No.4【吉田カバン】ポーターハイブリッドデイパック

吉田カバンの「ポーター」は洗練されたデザインと確かな機能性でビジネスマンにも人気のブランドです。そのポーターのハイブリッドビジネスリュックは、ヨットやウインドサーフィンで使用されるセールの生地の開発に定評のあるアメリカDIMENSION-POLYANT社と、 アウトドアなどで用いられる高品質素材を多く生み出しているインビスタ社の二社の協力を得て開発したオリジナル生地「X-C1000」を使用した防水性・強度・軽さを兼ね備えた高機能バックパックです。高級感のあるデザインなので、スーツスタイルにもぴったりなビジネスリュックになっています。

No.5【GREGORY】カバートミッションデイスリム

1977年にウェイン・グレゴリーが創業したバックパック(リュックサック)ブランド「グレゴリー」は「背負うのではなく着る」をコンセプトに、体に負担の少ないフィット感の高いバックパックを様々生み出している人気ブランドです。そんなグレゴリーのカバートミッションデイスリムは雨や雪の水気を弾く撥水加工が施されており、ジッパーも止水ファスナーが使用されているので、悪天候でも安心して使用できるビジネスリュックです。

その他おすすめビジネスリュック

上で紹介した上位ランキングのビジネスリュックに比べると防水性という面ではやや劣りますが、小雨の日くらいしか使わない方や、大雨の日はレインカバーの使用を考えている方もいると思いますので、そのほかのおしゃれでおすすめなビジネスリュックをいくつか紹介します。

【NORDACE】Siena

ノルディスは2021年に日本に初上陸した香港のバックブランドです。「スマートな機能とデザイン性を兼ね備え、必要な物をスッキリ持ち運びたい」をコンセプトに生まれたブランドで、おしゃれなデザインが女性にも人気のブランドです。ノルディスの中でも人気No1シリーズの「Sienaコレクション」は防水加工も施されているので、小雨であればリュックの中も濡れずに通勤できるビジネスリュックです。

【THE NORTH FACE】シャトルデイパック

タウンユースでも人気なアウトドアブランドのノースフェイスが販売しているビジネスリュックがシャトルデイパックです。生地には高強度で高級感のある「1050デニールリサイクルコーデュラバリスティックナイロン」を使用しており、デザインもビジネス向きなシンプルなスクエアタイプになっています。ファスナーの部分も止水ファスナーを使用しているので、雨や雪の日でも水が浸入しにくくなっていますが、ザアザア降りのときは専用のレインカバーの装着するとなお良しです。定番の25Lサイズのほか、同じ25Lの3wayタイプや18Lのスリムタイプも販売されています。

【MILLET】EXP20+

ミレーは創業から100年以上の歴史があるフランスを代表するアルパインブランドです。そんなミレーのEXP20+はシンプルなデザインでビジネスシーンにもおすすめのバックパックです。「自然も街も、好奇心の赴くままに自由に旅を楽しむ」をコンセプトに、耐久性が高く、雨にも強い高機能かつデザイン性の高いリュックになっています。

【Karrimor】tribute25

イギリス発のアウトドアブランドであるカリマーのトリビュート25はシンプルなデザインで通勤時にもぴったりなビジネスリュックです。ボトム部分には衝撃を和らげるパットが内蔵されており、PC用のポケットもあるので、ノートパソコンの持ち運びにも適したリュックになっています。背負ったときのフィット感も人気の理由のひとつです。

【NEWS】
・札幌市で1人あたり最大5,000円お得な札幌プレミアム商品券の第2弾が2024年に発行されることになりました(詳細記事はこちら)!
・北海道の子育て世帯にお米や牛乳に使える商品券などがもらえる「お米・牛乳子育て応援事業」第2弾が2024年に開始されます(詳細記事はこちら)!
・札幌市で省エネ家電の購入に最大5万円分のポイントがもらえる「札幌市省エネ家電等転換キャンペーン」が実施中です(詳細記事はこちら)!

※当ブログで掲載している画像の無断転載は禁止します。

北の暮らし / 移住
まかもんをフォローする
Kitaiko
タイトルとURLをコピーしました